パソコン修理/データ復旧/PC修理/パソコン故障診断/液晶パネル交換修理・東京 秋葉原

PC版はこちら

【ハードディスク交換 ハードディスク交換サービス】


トップページに戻る


パソコンの電源は入るが起動しない、開けないファイルやフォルダがある、などといった症状が発生した場合ハードディスクの故障の可能性が高いです。
また、パソコンの動作が購入時よりも極端に遅いようでしたら、ハードディスクの故障の前兆といえます。

【パソコン修理.JP】ではパソコン購入から2年以上お使いのお客様にハードディスクの交換をオススメしています。
ハードディスクに保存されたご自分で撮影された写真や動画などのデータは大切なものです。ハードディスクが完全に壊れてしまってからでがデータの取り出しが難しいのです。
そうならないためにも、早めのハードディスク交換を是非ご検討下さい。


ハードディスクの故障症例

■ファイルやフォルダが開けない。
■起動までに時間がかかる。
■起動時にセーフモードなどのメニューが出るが、どれを選んでも再起動する。
■ハードディスクから異音がする。
■ハードディスクが回転しない。


ハードディスクの故障原因

■記録面の経年劣化
■排熱不良や異常発熱
■読み取り装置、回転装置の故障
■電子回路の故障


ハードディスクの交換作業

ハードディスクの交換作業には、パソコンの動作に必要なOS(WindowsやMAC−OSなど)の情報を含んだ、OSリカバリーディスク(CD-ROMまたはDVD-ROM)が必要になります。
パソコンに付属していない場合は、メーカーから取り寄せていただく必要があります。


■お申込
・TEL:03-5812-3221
(10:00〜19:00)
お問合せフォーム(SSLモード)
お問合せフォーム(非SSL)
・E-mail:info@pc-repair.jp


トップページに戻る